絶賛ゆとり中。

泣いている人を見ると笑ってしまう。

9の倍数は3の倍数

 
いやー、どうもお久しぶりです。
何故こんなにも更新が遅れてしまったのかと言うと、特におもしろいことがなかったからです。
 
授業がないから一日中家にいて、午後に起き、午前中クラッシャーの名を欲しいままにし、起きたかと思えばゲームをし、漫画を読み返し、PCの画面を覗き込み、朝方に寝るという生活をしてまして。
 
 
そういう生活をしているのだけども、先日友人からご飯を食べに行こうと誘われて行ってきました。
 
まぁ、その話はまたの機会に。
 
でね、今日は何が言いたいかと言うと、、、その帰りの電車での話をしたいと思います。
 
 
 
 
つり革に掴まって揺られていたら、目の前に座っていた50台前半くらいのオッサンと30台半ばの後輩くんらしき人が話てて
 
 
オッサン「女はね、9の倍数がいいの!まず9歳でしょ。まだ幼さがあって可愛いのよ!俺はね、子供の中で一番可愛いと思うの!で、18歳、華の女子高生よ!27歳、大人の色気があって結婚とかもするじゃん?」
 
もうこの時点でこのオッサンはヤバイと判断しまして……
 
 
しばらく聞いてるとオッサンの隣に座ってるOLがイヤホン取り出して音楽を聴き始める。耳が痛い話は聞かないようにするかのように。
 
もうそろそろ終わりにした方がいいだろ。オッサン落ち着け。見て!後輩くんの顔!退屈そうな顔してるよ?無表情だし興味ないの丸見えだもん。大仏だもん。なんかオデコに点が見え始めそうな勢いだよ?
 
 
オッサン「36歳、歳はとれど経験が豊富でエロいんだなぁ…この頃はたるんだケツがまた最高なのよ!」
 
 
つーか、空気読めよ!エロジジイ!!!
誰もお前の“女は9の倍数歳がエロい説”なんか聞きたくないんだよ!家帰って壁にでも話してろ!!!!
 
 
ここで後輩くん動く。
 
 
後輩くん「じゃ、じゃあ45歳は?」
 
 
あーあ、突っ込んじゃった……。知らないよ?そのままにしてれば終わっていたかもしれないのに……。
“女は9の倍数歳がエロい説”に興味あるみたいな反応しちゃったねぇ。
 
いや、それが先輩の機嫌をとることだということもわかるよ?人と関わる上で大事なコミュニケーションだと思う。
でも、もう少し上手い返し方あったでしょ。「へぇ、多角的な角度から見てるんですねぇ〜」とか、もっと……こう……あるだろう…!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オッサン「ムリ!だってババアじゃん!」
 
 
 
ババアに謝れ!!!!!!!!!!