読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶賛ゆとり中。

残念な試し書きを今ここに。

飲み会とかいう愚痴披露大会

日常 うんこ 飲み会

 

 

いやー、バレンタインとかあった?

ちゃんといたー? \イェーイ!!/

サボったりしてない?? \イェーイ!!/

二階席のみんなも「お前チョコ何個貰った?あ、お母さんのはノーカウントな」っていうやり取りを未だにしてるぅー? \イェーイ!!/

 

ちなみに僕はお母さんからは貰ってません。

よーし、じゃあみんな次の曲いくよー!!!「特にオチはないけど、この前行った飲み会の話」 \ウワァァアアア!!!!/

 

 

 

 

 

先日、久しぶりにバイトの先輩2人、同期1人、計4人で飲みに行きまして、

 

先輩A・・・26歳ニート

先輩B・・・23歳介護士女

同期・・・21歳教育学部保育科女

 

というメンバーでした。

 

 

最初はなんとなく始まって、「みんな何飲むー?ビールでいい?」みたいな軽いやりとりをしてました。

 

歳は近いので仲が良くていろいろ話すんですが、やっぱり共通の話題はバイトの話で、

 

先輩A「そういえば、店長元気してんの?」

僕「ええ、まぁ相変わらず陰で嫌われてますけどwww」

先輩A「だよな。人使い荒いからね。冬なんて寒いって言ってランチからしか出勤しないもんねww」

同期「そうですよーw うちらバイトが店開けるとかwww」

先輩B「確かにwwww 高橋さんはちゃんと仕事できるようになった?」

僕「先輩Bさんがいた頃よりはちゃんとできるようになってますよwwwwさすがにwww」

先輩A「じゃないと困るわーwww」

僕「先輩たち引退して抜けたから新人が大量に採用されて入荷されたんですけど、教育にも時間かかるから最近は結構大変なんですよ?戻ってきてくださいよーwwww」

先輩AB「「絶対イヤだwwwww」」

 

みたいな話が中心となってました。

そんな話をしつつ先輩Bは社会人なので、お酒もみんな5、6杯を超えたあたりに聞いてみました。

 

僕「先輩Bさんは社会人ですけど、やっぱり大変ですか?介護は体力仕事って聞きますけど…」

先輩B「うーん、うちんとこはまぁまぁ大変だね」

同期「へぇ、どんな感じなんですかー?」

先輩B「えっとね、一人で10人のジジババの世話しなきゃいけないんだけど、

みんな足腰弱いくせに動き回って転倒したりするし、自分のオムツに手ェ突っ込んでウンコの匂い嗅ぎ始めるのが4人いるし、放尿魔でそこらじゅうにオシッコするのが2人いるし、誰が掃除すると思ってんだよ!あと、5分おきに『トイレ連れて行ってください』って言う人が3人いるし、、、こんな動物園みたいなところもう行きたくないって思いながら朝起きるwwww」

僕「oh…なかなかカオスな職場ですねwwww」

先輩A「カオスすぎだねwwwwニートでよかった~wwww」

同期「wwwww」

先輩B「いや、同期ちゃんも笑ってる場合じゃないよwww私の友達に保育士いるけど、『薄給だし、子供言うこと聞かないし、女だらけのネチネチした職場だから新人はハブられるし、結婚してこんなボランティアみたいな仕事早く辞めたい。子供かわいいから保育士になろうって思ってた自分を殺したい』って言ってたよ」

同期「」

僕「まじでか…」

先輩A「ますます働きたくないなwww」

僕「オイwwwせめて新しいバイト始めましょうよwwww」

 

 

こんな感じで飲み会は終わりました。

 

 

 

だから特にオチはないって言ったじゃないですか。

謝らない。断じて謝らない…ッッッ!!!!!