絶賛ゆとり中。

残念な試し書きを今ここに。

携帯は誰でも失くす

 
 
 
5月になりました。
 
台風も過ぎ去って暑い。東京は30度を超えると言われてて、もうこれでもかっ!ってくらい暑い。親の仇か!ってくらい暑い。
 
まだ5月なのにさ、頑張りすぎでしょ、って思うわけよ、
もう少し夏は待ちたい気分なのよ。
 
 
まだみんなは半袖薄着じゃないし、サラリーマンはクールビズなんか始まってないのにこんな暑いと参っちゃうのよ。
 
 
 
もうすぐ夏になるっていうことは一年の半分が終わろうとしていること。
 
 
上半期は出来事がいっぱいあって、その中でも大変だった話をしようと思います。
 
 
 
 
 
この間、ホームで電車を待ってたら、20代半ばくらいの男性に「あの、iPhone失くしちゃって…『iPhoneを探す』ってアプリありますか?それで僕のiPhone探せるんですけど…」ってブワーッ!って話しかけられて、
 
いきなり知らない人に話しかけられたのは居酒屋のキャッチ以外には経験したことないのでびっくらこいた。
びっくりしすぎて言われたこと理解するのに時間かかったくらい。
 
鋼の錬金術師で人体錬成して、真理の扉開いたら大量の情報を頭の中にブッ込まれたように。
もう掌を合わせたら錬金術できるように思えた。
 
 
いや、ホームでiPhone触ってたの他にもいるでしょ、なんで俺!?
見て!あそこの女子大生なんてかわいいよ!ナンパならあっちがオススメ!!
 
 
もうね、パニくってなにも錬成できないわけよ、
錬金術も何事もメンタルが大事!これはホントに思った。
 
 
でね、なんとか理解して「まずはiPhoneを探す」っていうアプリをインストールしなきゃ!って思ったわけ、
もう、そうと分かれば行動あるのみ。
 
俺のターン!ドロー!!
App Storeで「iPhoneを探す」を検索!インストールをタップでターンエンドだ!!
 
 
 
キマッタァァアアアア!!!!!!!!
iPhoneを失くした人のために探してあげるとはなんて優しいんだ!
 
 
 
 
 
と思ったけど、「このアプリケーションには iOS8.0が必要です。」だと。
 
アップデートしてなかったァァアアアア!!!!
こういう人がデータのバックアップとってなくて、いざという時にアッチョンブリケ!!ってなるんだよ。
 
 
 
そんなことは知らない男性、「あぁ、助かった~」のような顔でこちらを見ている。
現実を突きつけますか?
→はい
 いいえ
 
 
僕「あの、アップデートに時間かかりますがいいですか…?」
 
男性ポカーン…
そりゃそうでしょ。いまどきスマホなんて手の届くところにあるのが当たり前で、もはや身体の一部みたいなモノで、それを失くしたとなれば当然心配になる。ましてや個人情報も入っている。失くすと自分だけでなく他人にも迷惑がかかる。
 
 
男性「えっ、あ、はい」
 
アップデートしてなくてごめんなさい。
アップデートっていつも時間かかるからめんどくさくてしてなかったツケが今ここで回ってくるとは…
 
 
 
 
そしてアップデートしている間、お互い何もすることがないわけです。
僕はもともと人見知りだから知らない人と話すのは苦手だし、相手も相手でiPhoneを失くしたショックなのか話さない。
 
 
何が真理の扉だよ!掌を合わせて錬成したのはいいが、こんな気まずい空気を錬成してしまった…最悪だ…何か話さなきゃ…!何か!逃げちゃダメだ…逃げちゃダメだ…逃げちゃダメだ…逃げちゃダメだ…逃げちゃダメだ!!!
 
 
 
 
キタァァアアア!!!!!!!!!
 
 
 
 
僕「きょ、今日は天気がいいですね~」
おっしゃ!これで救われた!この気まずい空気とおさらばだZE☆
 
男性「……左様ですね」
 
僕「!?」
えっ、ちょっ、何時代の人!!?!?
ホントに現代人?iPhoneなんて持ってて大丈夫!?間違えてない!?「iPhoneだと思ってたけど、実はかまぼこ板でした~☆テヘペロ☆」とかないよね?って思った。
言葉遣いは昔だけど、使ってるものは現代の最先端の坂本龍馬じゃないよね!??!?
きっと相手もiPhone失くしてパニックになっていたのだろうと思って突っ込まなかった。
 
 
 
僕「ア、アップデート時間かかるんで、嫌ですよね~」
 
坂本竜馬「あ、はい、そうですよね~」
 
僕「あ、そういえば台風6号そんなに強くなかったですね」
 
坂本龍馬「そ、そうですね…」
 
 
 
 
 
もっと話せ!ボケ!コラ!!こっちが気を遣って話してるのに広げようともしないなんて…知らない人に「iPhone探してください」って話しかけておいて、ここから人見知りですなんて言い出したら怒るぞ…
これはATフィールドが強すぎる…エヴァの覚醒が急がれるな…
 
 
 
と、思ってたらここでアップデート終了。よかったよかった!これでiPhone探せるね。
 
 
僕「あの、ここに入力お願いします」と、iPhoneを手渡す。
 
坂本龍馬「あ、ありがとうございます」
ここで勝利の光が差し込んだのか、龍馬の表情は急に明るくなる。
 
 
iPhoneを探すってアプリ、初めて使ったんだけど、GPSで相手のiPhoneがどこにあるかわかるのね。画面を覗き込むと、ゆっくり動いてる。
 
僕「あ、動いてますね」
 
坂本龍馬「あ~、やっぱりバスに置き忘れたんだ!すいません!ありがとうございます!!」
 
僕「あ、いえいえ…」
と言い終わるころには坂本龍馬、全力ダッシュ。そりゃ、やっと身体の一部というくらいのモノが見つかったんだから走っていきますよ。
 
 
 
 
 
 
よし、これで僕も安心して朝も起きれるな。と思ったけど、僕のiPhoneどこだっけ?