絶賛ゆとり中。

残念な試し書きを今ここに。

お祭りという○○○の場

 

夏と言えばお祭り!

そもそもお祭りとは?

 

祭りとは、感謝や祈り、慰霊のために神仏および祖先を祭る行為(儀式)である。祭祀、祭礼のこと。(Wikipediaより引用 

 

 

祭りというと、友達と花火見ながら食べ歩き~なんて楽しい行事。

 

でも、よく考えてみると、お祭りは冬~春季より夏~秋季の方が多め。

 

一年中どっかでお祭りしてた方が楽しいと個人的に思うけどね、

 

「寒くてもお祭りしたっていいじゃない!」と声を大にして言いたい。

 

 

お祭りが夏~秋季に集中していることは何か理由があるのでしょう。

 

 

 

その謎を解き明かすにはお祭りの歴史を紐解いていかなくてはなりません。

 

お祭りは誰のためかというと、

冒頭でも書いたけど、お祭りは神様、ご先祖様のためにあるの。

早朝に犬の散歩してる近所のオッサンのためでもなくて、

夕方まで公園のベンチで座って喋ってるお婆ちゃんのためでもなくて。

 

そもそもお祭りっていつから始まったかというと、最近始まったことじゃないから結構昔からあるわけじゃん?

僕らが生まれるずっとずっとずーーーーーーーーーっと前からね。

 

昔は現代と違ってみんなポケベルとかたまごっちとかスマホとかセグウェイとかなんて持ってない自給自足の生活で、

全然科学が進歩してないから、自然は神様が支配してるものと信じられてたわけ。

 

また、神様は自然も支配してるわけだから当然、天候も支配してるって信じられてきた。

だから雨が降らないと干ばつしちゃって農業ができないから雨乞いしたり、生贄を奉げたりして「雨降れー!!ぷいきゅあー!!がんばえー!!!」ってテレビに向かって叫んだりして雨が降るようにプリキュアに頼んでたのね。

 

そうやって野菜や果物を育てて収穫したり、プリキュアを応援しに映画館に行ったりして生活してた。もちろん限定グッズも収穫してたと思うよ。

 

でも、今と違って野菜や果物はビニールハウスがないから、春からプリキュアの種を植えて夏~秋に収穫するしかないよね。

 

 

 

収穫したら春まで暇じゃん?

だから昔のオタクは考えたのよ。

「この時期、暇だし何すんべ?」って。

そしたら、頭いいオタクが「じゃあ合コンしようZE☆」考えたわけよ。

 

でも、みんな知ってるけど、オタクってシャイのあんちくしょうだから「合コンやります!」って言えないじゃん。

そこで頭いいオタクは考えました!

「今年も豊作だったYO!来年も頼むZE☆サンキュー!ゴッド!」的なアレでみんなでワイワイしよう!って。

 

 

 

みんなもう気付いてるね。

お祭りっていうのは大規模合コンで、出会いの場でもあるのね。

 

だからお祭りでナンパしてる男っていうのはあながち間違ってないよ。

夏はみんな開放的になるって言うし、成功率UPするんじゃないかな?知らんけど。

ナンパ師のみんなは頑張ってね。