絶賛ゆとり中。

泣いている人を見ると笑ってしまう。

まりも観察日記 23日目

 

 

先生あのね、

今日まりっちを見てみたら23mmまで成長していました。でも定規を当ててみると0.8cmしかありませんでした。詐欺だと思いました。

 f:id:ku_ne:20170817235635j:image

関東は雨が降りそうで降らない、でも、降ったかと思えばすぐ止んだり、また降ったりと不安定な気象です。急激な温度変化で体調を崩さないようにしてください。

今日は予定があり、更新が遅くなりました。

またそのことも書きたいと思っています。

 

では、また。

まりも観察日記 22日目

 

 

先生あのね、

最近続いてる雨は東京では40年ぶりの16日連続の雨だそうで、洗濯物が乾かないどころかお盆だというのにどこにも出かけられず、リア充たちも海や川でBBQすら許されない状況なので、経済への影響も大きいと聞きます。

 

ここでインドアの大勝利ということです。

まりっちを一日中眺めるてたまにアニメ見たりしてるのが楽しい。

 

あと野菜高くなりそう。

 

今日は記事を一つ更新しました。

 

minamoyurayura.hatenablog.com

 

あのCMに出ている俳優は新井浩文さんですが、僕が好きな作品はドラマのモテキまほろ駅前番外地に出ている新井さんです。どちらも良い味が出ていて役にハマっています。各作品も面白いのでチェックしてみてください。

 

では、また。

炎上中の牛乳石鹸のWebムービーについて思うこと

 

 

牛乳石鹸のWeb CMが炎上している。

 


牛乳石鹸 WEBムービー「与えるもの」篇 フルVer.

 

設定はどこにでもある三人家族。

ある日、仕事に行こうとする夫に妻が子供の誕生日ケーキを買ってくるように頼む。

 f:id:ku_ne:20170816174306p:image

夫は両手にパンパンのゴミ袋を持ちながら「はーい」と返事をする。

f:id:ku_ne:20170816174330p:image

出勤し、業務をこなしていると、上司に叱られている部下を見かける。

f:id:ku_ne:20170816174354p:image

何気なく見ているとスマホが鳴る。見ると妻から「プレゼントもお願い」という趣旨のメッセージと野球のグローブのスタンプが送られてくる。

「あぁ、プレゼントも買わなきゃいけないな」とケーキに加え、仕事の後の用事が増えた。

そう思っていると、向かいのデスクから「これチェックしてもらっていいですか?」と書類を渡される。

ここまではごく普通のサラリーマンだ。

毎朝会社に行き、働いて帰ってくる。

f:id:ku_ne:20170816174610p:image

仕事の合間にプレゼントとケーキを買う。

ここで子供の頃の回想が入る。

 f:id:ku_ne:20170816174426p:image

f:id:ku_ne:20170816174437p:image

 

夫は子供と同じ野球をしていた。その時の親父を思い出している。自分と親父の背中を重ね、比べたときに

 「あの頃の親父とはかけ離れた自分がいる。家族思いの優しいパパ。時代なのかもしれない。」というセリフが入る。

ここで仕事して家に金を入れるのが父親という時代と、現代の仕事もプライベートも両立していく父親を比べていることが分かる。

 

 

「でも、それって正しいのか?」というセリフの次のシーンは部下と飲み屋に行っている。

 

上司に𠮟られてヘコんでいる部下をフォローするのも仕事のうちだと。

 

 f:id:ku_ne:20170816174653p:image

飲んでいると再びスマホが鳴り、電話が来る。おそらく妻だ。部下からは「出なくて大丈夫ですか?」と聞かれるも、「んー、うん。大丈夫」と返事をする。

 f:id:ku_ne:20170816174721p:image

帰宅すると、妻から「何で飲んで帰ってくるかな?」と小言を言われる。今日は子供の誕生日なのに早く帰宅しなかったこと、恐らく事前連絡もしなかったのだろう。電話に出なかったことも責められている言葉だ。

 

 夫はうつむき、「風呂入ってくる」と言い残し、その場から去る。妻からは「ちょっと待ってまだ話終わってないんだけど」という言葉を背中に浴びながら。

 

f:id:ku_ne:20170816174750p:image 

夫は風呂に浸かりながら、またも親父を思い出す。「親父が与えてくれたもの。俺は与えられているのかな・・・」そう思いながら大きなため息をする。その表情どことなくは暗い。

 

 

風呂から上がり、「さっきはごめんね。」と妻に謝罪をする。風呂に入って自分を思い返したのだろう。昔の親父の背中を追い、仕事を優先して部下のフォローもしたが、「やはり時代なのだろう」と思い反省したようだった。おそらくこの夫の父親は子供の誕生日や記念日に遅くに帰宅しても何も言われなかったのだろう。仕事は夫、家庭は妻という日本の昔の時代だったのだから。

 f:id:ku_ne:20170816174814p:image

謝罪をすると、妻が子供を読んで誕生日を祝う。

 

 

 f:id:ku_ne:20170816174837p:image

次の日も仕事だ。

夫はまたゴミ捨て場にゴミを出し、今日も会社へ行く。表情は昨日より少し明るい。

 f:id:ku_ne:20170816174853p:image

そして、「さ、洗い流そ」とCMは締められる。

 f:id:ku_ne:20170816174937p:image

 

 

どこが炎上しているのかと言うと、

「CMで伝えたいことが分からない」

「子供がかわいそう」

「お前が子供の誕生日に遅く帰ってきたくせに被害者ヅラすんな」

「妻の気持ちも考えろ」

などと言った内容だ。

 

このCMには賛否両論あるだろう。

僕が思うに、このCMで伝えたいことは「親から子に受け継ぐものは時代によって変化していくもの。」だと思う。

仕事一筋が男の生きざまであったのは前時代的で、現代はワークライフバランスが重要視される時代だ。

CMではそういった古い概念をいつまでも親が引きずってはいけない。時代は違うのだから。だから石鹸で洗うように、「さ、洗い流そ」に込められているいると思った。タイトルに込められた「与えるもの」は親が子供に与えるものを指すのだろう。

 

僕は「でも、それって正しいのか?」というセリフがどうも引っかかる。

仕事も無難にこなし、家族サービスもしている夫のどこが間違っているのだろう。

家族の形にはそれぞれの形があるし、正解も不正解もない。でも、自分で勝手に問題提起して勝手に正解だと思う道を選択し、家族は二の次にするような夫は正解だとは思えない。一年に一日しかない子供の誕生日。平日なら一緒にいられるのはたった数時間だろう。なのに部下と飲み屋に行くことが果たして良い結果になるのだろうか。部下のフォローはメールや電話、直接言っても良い。ましてや飲みに行くなんて今日でなければならないとは考えにくい。CMを見ると平日であった。たった数時間を会社の部下に充てるのか、自分の子供の誕生日に充てるのか少し考えれば分かるはずだ。

 

 

このCMがダメなのは分かる。分かりにくいもの分かる。製作を見るとやっぱ電通か。

僕はどんな石鹸で洗っても電通はブラックというレッテルは洗い流されないと思う。

まりも観察日記 21日目

 

 

先生あのね、

今日はずっと雨だったので、まりものように家で引きこもってました。晴れていても暑いので引きこもるのですが。

 

ちなみに「まりっち」というまりもの名前は変更できます。

『まりも「」』←「」の中に「まり」から始まるひらがな3~4文字を打ち込みます。

 f:id:ku_ne:20170815232349j:image

f:id:ku_ne:20170815232353j:image

f:id:ku_ne:20170815232357j:image

怒られました。

 

 

 f:id:ku_ne:20170815230840j:image

近々、まりも以外の記事も投稿する予定です。

しかし、今日はさっきまで寝てたので書き進めてません。

 

では、また。

f:id:ku_ne:20170815232454j:image

まりも観察日記 20日目

 

 

先生あのね、

まりも観察日記も20日目を迎えたよ。

継続は力なりというけれど、何の力が増えているのか分からないよ。

 

 

僕が使う「先生あのね」から始まる文章は小学校低学年のときに毎日書かされた日記帳がルーツです。

永遠と蟻を潰した出来事を記して最後には「楽しかったよ。」と締めるサイコパス全開の小学生だったのを覚えています。

 

kagayaku3.com

 

なので、

私のアナザースカイはしょうがっこういちねんせい!